グリーンスムージー パウダー 手作り

MENU

【グリーンスムージー】パウダー派VS手作り派|時間・コスト・効果の違い!

最近人気のグリーンスムージーを摂るにはパウダーと手作りの2つの方法があります。さてどちらもこだわる人はいるようですが、時間やコスト、効果の違いを考えてみましょう。

 

時間的なことを考えると手作りグリーンスムージーの場合は数種類の野菜やフルーツをそろえ、キレイに荒い、それをミキサーにかけていきます。もちろんその後の手間もかかるので全部でどんなに頑張っても30分以上かかりそうですね。

 

その点グリーンスムージーのパウダーの場合は10秒程度のシェークでOKです。10秒と30分だけの違いではありません。野菜やフルーツを買うという時間も必要になり結局、時間は相当違うということが言えますね。

 

次にコスト飲面です。パウダーのグリーンスムージーはメーカーによって価格もいろいろですが、大体1回100円にはならないで飲むことができます。

 

でも自分で買った場合、今リンゴだってトマトだって1個100円では買えないのではないでしょうか。

 

それに他のフルーツを入れるとなれば結構高くなってしまいます。もちろん今は野菜も天候や水害などによっても価格は高騰しています。これらがいつも一定に手にはいるのがパウダーグリーンスムージーです。

 

そして効果としては自然の手作りグリーンスムージーは新鮮でビタミンなどの効果も高くなりますが、とはいっても今は粉末にする技術も進歩しています。
自然のものでも時間がたってしまったものより、ずっと新鮮な状態の栄養素を閉じ込めることができているのであまり差がないと言えそうです。

 

 

またグリーンスムージーの方が食物繊維をプラスして満腹感を感じるようにつくられているので、置き換えダイエットをするにはとてもメリットがあります。つまりパウダーと同じような腹持ちの良さを感じるには、手作りスムージーだとしたらそれにマンナンパウダーでもプラスする必要がでてきます。